NIPPON Cloud Working Group > 報告書 > 会合報告 > 第1回ニッポンクラウドワーキンググループ会合報告

第1回ニッポンクラウドワーキンググループ会合報告


 

第1回テーマ

「つながろう、広げよう、サムライクラウド」

 

第1回ニッポンクラウドワーキンググループ会合を行いました。

会合の内容は初回ということで今後の会の運営方針発表、サムライクラウド技術紹介が行われました。その他、定例のメンバー発表と協賛企業GMOクラウド様の発表等、50名近い方にご参加いただきNCWG全体の意気込みを実感することができる会となりました。

 

【日 時】2011年11月7日(月) 17:00 ~ 19:00

【会 場】GMOクラウド株式会社 セミナールーム

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー 11F

 

【発表内容】

1.会長からのご挨拶

会長:小堀 吉伸 (株式会社北斗システムジャパン 取締役)

 

[ご挨拶の要旨]

このたび協賛各社およびメンバーの方々のご協力によりニッポンクラウドワーキンググループ(NCWG)をスタートすることができました。

関係者の皆様方には、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

ただし、会を設立し、ただスタートすることが目的ではありません。

これから、ニッポンクラウドワーキンググループは、「サムライクラウド部会」、「クラウドビジネス推進部会」の2部会を軸とし意味のある具体的な活動を行い、何らかの成果を出して行きたいと考えています。

まずは、サムライクラウド部会においては、設立発表会で宣言した300アプリケーションの連携を実現し、日本から発信できるアプリケーションプラットフォーム、すなわち「サムライクラウド」の構築を目指します。このサムライクラウドでは、個別アプリケーションが連携することで何らかの相乗効果が生まれると考えています。

またクラウドビジネス推進部会においては、その基盤を利用し様々な分野に特化したクラウドビジネスの提案を行います。是非とも取り組みたい「震災対策クラウド」や「教育クラウド」、また「物流」に特化したメンバー主導で「物流クラウド」のビジネスモデル化も進めて行きたいと考えています。

我々ニッポンクラウドワーキンググループは、「サムライクラウド」を基軸に活動を行ってゆきますが、テクノロジードリブンではなく、あくまでビジネスモデルドリブンでのサムライクラウドの活用という立場から日本のクラウド市場の拡張に努めたいと考えています。

このような活動のもとにNCWGを盛り上げ、1年後には、本日ご参加の皆様方の数倍の前で活動報告会ができるようにと熱意を持って取り組んで行きたいと思います。

是非とも今後も引き続き皆様のご協力をお願いいたします。

 

 

2.理事からのご挨拶

副会長:藤田 浩之 (株式会社オレガ 執行役員) 写真左

・サムライクラウド連携を積極的に進めて参ります。

副会長:屋代 和将 (株式会社マインド 取締役) 写真中央

・オープンソースをキーワードにクラウドマーケットを広げて参ります。

事務局長:野元 恒志 (有限会社ディアイピイ 代表) 写真右

・新しい仕組みづくりを通じ積極的に会運営を進めて参ります。

 

 

3.新しい会の運営体制について

・本年度は、11名の運営委員で運営して参ります。

※運営委員の一覧はこちら

 

4.新規メンバーについて

・新規に「株式会社エイムラック」が、WGに参加することになりました。

 

5.サムライクラウド詳細

サムライクラウド部会部会長:藤田 浩之 (株式会社オレガ 執行役員)

「サムライクラウドの連携でISVは何を実現するのか?」

・連携のメリット、何が生まれるかについて発表しました。

※発表資料はこちら

 

サムライクラウド部会副部会長:樋口 尚寿 (株式会社オレンジソフト)

「サムライクラウド詳細」

・サムライクラウド技術概要や今後の展開について発表しました。

※発表資料はこちら

 

 

6.メンバー発表

古森 貞 氏(株式会社エイムラック 取締役COO)

Aipoのご紹介、NCWGとAipoの今後などデモを交えて発表いただきました。

※発表資料はこちら

 

 

7.GMOクラウドご紹介

金子 眞治 氏 (GMOクラウド株式会社 エンタープライズ営業本部 エンタープライズ営業企画部 部長)

GMOクラウド様のクラウドサービスのご紹介をいただきました。

・「GMOクラウドPublic」

オートスケールアウトのみならず、オートスケールアップも可能な「リソース提供型」のパブリッククラウドサービス

・「IQ Cloud」

プライベートクラウドに似たパフォーマンス・セキュリティとパブリッククラウドに似た経済性を両立したビジネスコミットできる新しい未来の『バーチャルプライベートクラウド』

※発表資料はこちら

 

 

8.連絡事項として

・次回第二回NCWG会合は以下のとおり行います。

12月5日 17:00~19:00

場所:NTTコミュニケーションズ株式会社

汐留ビルディング11Fセミナールーム

また会合終了後に懇親会を行います。

今回は、年末とのこともあり忘年会を兼ねますので、関係各社の皆さんは、是非ご参加ください。

NCWG会合運営会一同


1月 2022
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2021年12月27日

カテゴリー: General理事会

2021年12月28日 2021年12月29日 2021年12月30日 2021年12月31日 2022年1月1日 2022年1月2日
2022年1月3日 2022年1月4日 2022年1月5日 2022年1月6日 2022年1月7日 2022年1月8日 2022年1月9日
2022年1月10日 2022年1月11日 2022年1月12日 2022年1月13日 2022年1月14日 2022年1月15日 2022年1月16日
2022年1月17日 2022年1月18日 2022年1月19日 2022年1月20日

カテゴリー: General「第6回クラウドビジネスサロン」(オンライン)

2022年1月21日 2022年1月22日 2022年1月23日
2022年1月24日

カテゴリー: Generalサムライクラウド部会(オンライン)

2022年1月25日 2022年1月26日 2022年1月27日 2022年1月28日 2022年1月29日 2022年1月30日
2022年1月31日 2022年2月1日 2022年2月2日 2022年2月3日 2022年2月4日 2022年2月5日 2022年2月6日