NIPPON Cloud Working Group > ニュースリリース > クラウド連携基盤「Samurai Toolkit」をオープンソースで公開

クラウド連携基盤「Samurai Toolkit」をオープンソースで公開


PressRelease

2012 年4 月3 日

ニッポンクラウド ワーキンググループ

クラウド連携基盤「Samurai Toolkit」をオープンソースで公開

~第一弾として「Samurai SSO」「Samurai Gadget」をMIT ライセンスで公開~

 ニッポンクラウド ワーキンググループ(会長 小堀 吉伸)は、2012 年4 月3 日よりクラウド連携基「Samurai Toolkit」(通称「Samurai」)をオープンソースで公開することを発表します。第一弾としてID 連携モジュール「Samurai SSO」、UI 連携モジュール「Samurai Gadget」をMIT ライセンスで公開します。
「Samurai Toolkit」はニッポンクラウドワーキンググループのサイト(http://www.ncwg.jp/samuraicloud)からダウンロードすることが可能です。

 今後のクラウドビジネスの発展には、さまざまなクラウドサービスで提供されるアプリケーションの連携が欠かせません。「Samurai Toolkit」は、クラウド連携に必要な機能をモジュール化してアプリケーションやデータのポータビリティを高め複数のアプリケーション、クラウドサービスの連携を容易に実現させるクラウド連携基盤です。

 ニッポンクラウドワーキンググループでは、「Samurai Toolkit」をオープンソースで公開することにより多くのアプリケーション連携による相乗効果が生まれることで、さまざまなクラウドビジネスシーンで利用されることを期待しています。
 
 
 
■クラウド連携基盤「Samurai Toolkit」とは

 クラウド連携に必要な機能をモジュール化してアプリケーションやデータのポータビリティを高め複数のアプリケーション、クラウドサービスの連携を容易に実現させるクラウド連携基盤です。ID・UI・Data の三位一体のモジュール群がMIT ライセンスで公開されます。「Samurai SSO」はID 連携、シングルサインオンを実現するために必要なモジュール群です。この機能を利用することで複数のアプリケーション、クラウドサービスにシングルサインオンでアクセス可能になります。「Samurai Gadget」はポータルサイト等と連携するために必要なモジュール群です。OpenSocial でガジェット化され、アプリケーション、クラウドサービスがいつでもどこでも利用可能になります。今後アプリケーション間でのデータのポータビリティを高めるData 連携モジュールも公開予定です。
 
 
 
■ニッポンクラウド ワーキンググループについて

 IaaS 企業協賛の下、日本国内のISV(独立系のパッケージソフトウェアの開発・販売会社)によって2011年11 月1 日に設立した団体。遍くクラウドビジネスと、ビジネスユーザーをよりシームレスに接続する統合クラウド環境の「グランドクラウド」を目指しています。

http://www.ncwg.jp/
 
 
 

<本件に関するお問い合わせ先>

ニッポンクラウド ワーキンググループ事務局(株式会社北斗システムジャパン内)

〒108-0014 東京都港区芝4-11-5

TEL:03-5442-3141 / Email: info_cloud@ncwg.jp

※文中に引用された社名/製品名/サービス名/ロゴについては、各々の会社の商標ないしは登録商標であり、各所有者が商標権を保持しています。


2月 2021
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2021年2月1日 2021年2月2日 2021年2月3日 2021年2月4日 2021年2月5日 2021年2月6日 2021年2月7日
2021年2月8日

カテゴリー: General実行委員会(オンライン)

2021年2月9日 2021年2月10日 2021年2月11日 2021年2月12日 2021年2月13日 2021年2月14日
2021年2月15日 2021年2月16日

カテゴリー: General理事会(オンライン)

2021年2月17日 2021年2月18日 2021年2月19日 2021年2月20日 2021年2月21日
2021年2月22日 2021年2月23日 2021年2月24日 2021年2月25日 2021年2月26日 2021年2月27日 2021年2月28日